本文へスキップ

高知県天然記念物 土佐錦魚 (とさきん)

土佐錦魚の歴史

土佐錦魚の歴史に思いを馳せた方に矢野城楼氏がおられる。
矢野氏は、土佐錦魚保存会の第2代会長で高知高専の講師をされており、文も絵も共に達者な方であったらしく、度々高知新聞の要請に応じて歴史や所感等を書き残している。
このページでは、矢野氏の著書「土佐錦魚の四季」や高知新聞等の掲載分を引用させていただきます。


矢野城楼氏

矢野氏の描かれた
トサキン

   

須賀家文書とトサキン

高知新聞 昭和59年6月6日(水)記載分

土佐錦魚の歴史

昭和49年学芸高校研究報告第15号より転載

土佐錦魚の四季

春〜夏
夏〜秋
秋〜冬
余禄