本文へスキップ

高知県天然記念物 土佐錦魚 (とさきん)

土佐錦魚参考

見方 (上見を基本とする)

  1. 土佐錦らしさを持つ。
  2. 品格を重んじ、味を尊ぶ。
  3. 風格、力強さを持つ。
  4. 筋が通り、素直さを持つ。
  5. 渡りがあり、極まっている。

  1. 水平を基本として、たわみ・ひだ・重なり・尾先の上下等なく、もしくは軽度のもの。
  2. 尾芯が通り左右対称にして、袋尾・ねじれ・つまみがないもの。
  3. 三つ尾が最良にして、桜尾の軽度なもの。
  4. 渡りがあり、親骨が太く、付け根がせり出し、先に余裕があるもの。
  5. 金座が大きく尾をしっかりと押さえ、尾付けの良いもの。
  6. 反りは一文字が最良、及び折り舞。
  7. 朝顔の華麗なもの。

尾筒

  1. 尾筒は伸びがなく、詰まりすぎないもの。
  2. 太くして、ふらつかないもの。
  3. 折れのよいもの。

  1. 卵形を基本とし、後腹が張り、腹形のふくよかなもの。
  2. 尾筒・顔および尾とのバランスのとれたもの。
  3. 骨格の太いもの。
  4. 鱗は細かく整然と並ぶもの。
  5. 背は高すぎず低すぎず、中を得ているもの。頭から背びれにかけて素直に伸び、盛り上がらず、尾筒にかけて締まりのあるもの。

  1. 口が小さく、上品なもの。
  2. 目先があり、目幅の適度なもの。
  3. 肉瘤が出ないもの。
  4. 鰓がこけていないもの。

  1. 大きめで、素直で、曲がりのないもの。
  2. 舵鰭は2枚が最良、および1枚のもの。

  1. 濃いものが最良。
  2. 色と模様の名称を次の如く大きく分ける。      
黒の部
白の部
赤の部
素赤、猩々
更紗の部
更紗、多赤更紗、多白更紗、背赤、背白、尾赤、尾白、腰白、面被り、面白、丹頂、窓、口紅、六鱗、大しぼり、小しぼり

泳ぎ

  1. 素直で左右および上下にくせのないもの。
  2. 静止時によく極めるもの。

手術

  1. 手術を要さぬ魚が理想である。
  2. 手術を施してまた芸術的魚を作出する。
  3. 術後痕跡が目につかなければ最良。
  4. 治癒していれば差し支えない。


名称の説明

金座
尾付けに広がっている鱗の部位をいう。大きいほど尾をよく押さえ安定する。
渡り
親骨の左右先端から先端までをいう。長いほど反転んが大きく魚が鮮やかになる。また、これは金座と共に鑑賞や種親の重要なポイントである。
折舞
親骨から一枚おいて二枚目から始まっている反転。
一文字
親骨から直接始まっている反転。
親骨、渡り、反転を一括した尾の前の部分。
板前
反転が板のように平らなのでついた名前。当歳時は反転も小さいが親になるに従い、よく極める大器晩成型。
深前
横から見て水平より下におろしている前。これは渡りを狭く見せ、かつ力強さに欠ける。
浅前
深前に対して逆に水平より上げている前。これは親になるにつれ、下がり気味になる傾向がある。
抄 (すくい)
後の尾先をすくうように上げること。