本文へスキップ

高知県天然記念物 土佐錦魚 (とさきん)

土佐錦魚保存会々則

第一章 名称および目的

第 1条
本会は土佐錦魚保存会と称し、天然記念物にしていされている土佐錦魚の飼育研究観賞などを通じ会員相互の親睦をはかり、土佐錦魚を保存することを目的とする。

第二章 会員と入会手続きおよび会費

第 2条
本会はその目的に賛同し、加入の申込をした者をもって会員とする。
第 3条
入会希望者は会員の紹介により、申込書に住所氏名を記入の上、執行部に提出する。
第 4条
会員の年会費は5,000円とする。
ただし、会費金額は会計年度により変更することができる。

第三章 活動および運営

第 5条
本会はその目的を達成するため、必要な行事を実施するほか、飼育の研究を行い、品評会を開催して保存すべき優秀魚を選出する。
第 6条
本会は会誌を発行して会員に配布する。
第 7条
本会の運営経費は出品料・会費その他の収入をもって充てる。

第四章 役員

第 8条
本会には次の役員を置き、その運営を行う。
    名誉会長
    会長
    副会長
    会計
    執行部長
    執行副部長
第 9条
会長は会を代表し、会務を総理する。
副会長は会長を補佐し、会長支障あるときはその職務を代行する。
第10条
会計は毎年1回、会計報告を行う。
第11条
役員の任期は2年とするも再選を妨げない。
第12条
役員は総会の決議により決定する。

第五章 総会

第13条
総会は原則として毎年一回開催する。

第六章 決議

第14条
本会の決議はすべて出席会員の過半数をもって成立する。

第七章 土佐錦魚の売買について

第15条
本会の会員は、土佐錦魚の売買を本業としてはならない。
第16条
土佐錦魚を個人売買する場合は、愛好家として常識の範囲内で行い、本会の名称・賞歴等を利用してはならない。

第八章 会員の除名および退会

第17条
本会の会員は会則を守り向上に協力する。この会則に違反し、または本会に不利益となる行為を行う者、会費の納入のない者は除名することがある。
第18条
会員はいかなる理由で退会するも、既納の会費または会の所有に属する財産について返還の請求はできない。


第九章 会則の改正および会則外の事項決定

第19条
本会の会則改正および会則外の事項については、役員会の決議によって決める。





(2014年6月1日 改正)